読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまきょう、やります!

山田きょうすけの活動日記です。

音楽で町を元気に!

 たくさんあるやりたいことの中に、音楽での町の活性化があります。
 音楽に国境はないと言うけど、国境まで言わずとも、音楽に垣根はありません。
 大好きな音楽を聴くためなら、大好きな音楽を演るためなら、それこそ地球の裏側まででもやって来る人がいますし、実際、全国からたくさんのお客さんが集まる音楽のイベントも数多くあります。
 自分も長いことバンドをしてきたこともあり、是非、実際の演奏も含めて(!)音楽を町の元気の素の一つにしたいと思っています。
 実は、我が江北町には案外たくさんのバンドマンがいるんです。
 それに古い話をすると、昔、杵島郡はパンクのメッカやった!(知らんやろうなあ)
 そんな町の音楽好きのみんなにも協力してもらって、町を元気にしたい!
 そんなことも考えています。
f:id:yamakyou:20160205003114j:image
f:id:yamakyou:20160125231850j:image

二回目の意味

江北町長は、一回は落選しないとなれない」
 8年前、それこそ初めて町長選挙に挑戦した時に言われた言葉です。
 確かに、今月引退される田中源一町長、そして前任の吉岡良夫町長も一回目の選挙で落選されたことは知っていました。
 しかし、当時38歳。血気盛んだった私は、その言葉の意味も分からず、とにかくがむしゃらに戦いました。
 結果は、落選。
 そして今回、8年を経て再挑戦を決めて、初めてその言葉の意味が分かるような気がします。
 8年前の落選の痛手は想像を絶するものでした。
 特に公務員だった私は、職を辞めての挑戦でしたので、本当に全てを失いました。
 そんな痛手を負ったのに、今回また再挑戦する。また職を辞めて。
 中学校から親元を離れ、心細い中で一人で暮らした私にとって、どんなに辛いこと、悲しいことがあっても、いつも暖かく迎えてくれる、ふるさと。
 肥前山口駅のホームに降り立つ時が、一番ほっとする瞬間でした。
 そして、外に出たからこそ、ふるさとの有り難さや魅力にも気付くことができました。
 ふるさと江北町は、私の心の拠り所。
 そのふるさと江北町のために役に立ちたい。その思いは、8年前も今も変わりません。
 一度落選して、挫折を経験してこそ、人の痛みが分かる。
 そして、再び挑戦することで、ふるさとへの思いが試される。
 二回目の今、そう思っています。
f:id:yamakyou:20160202111605j:image

江北町の未来を語ろう会(報告)

 本日、先にお知らせした「江北町の未来を語ろう会」が開催されました。
 今から8年前。
 まさにこの場所で今回と同じように「公開討論会」に臨みました。
 当時、現職に挑戦していた自分にとって、公平に、そして気兼ねなく、双方の話を聞いてもらえるこうした場を設定してもらったことがとても有難く、双方が並んで壇上に立った時の緊張と感激、興奮は今も忘れません。
 もちろん、たくさんの聴衆を前に、まさに双方の志と政策と主張の一騎打ちだっただけにとても緊張もしましたし、真剣にも闘いました。
 そして8年後の今日。
 8年前と同じ場所、同じコーディネーター(大草さん)。
 会場には8年前と同じ500名の聴衆。
 結果は、残念ながら私だけの参加となり討論はできませんでしたが、自分なりに自分の思いと考えは、8年前と同じように気持ちを込めてお話しできたと思います。
 率直に言って、討論を期待して参加いただいた皆さんには、私自身会を盛り上げるべき登壇者の一人として申し訳ない気持ちもあり、また、私自身も誠実かつ真剣に討論に臨むつもりだっただけに残念ではありました。
 残すところあと僅か。
 今日は残念でしたが、こうした「公開討論会」はなくとも、町民の皆さんには是非、聞き比べて見比べて考え比べていただく機会があらんことを、心から祈念します。
f:id:yamakyou:20160201003426j:image

農談会

 今週から江北町では各地区で恒例の「農談会」が始まりました。
 小さな江北町でも、地域で作物も自然条件も課題も違うことを実感します。
 日本国民の食を支える農業。
 そして江北町の基幹産業は言うまでもなく農業です。
 農業を起点にしていろいろつながる。
 農業と観光、農業と商工業、農業と健康、農業と子育て・教育、農業と生きがいづくり...
 まだまだ、いろんなことができそうです。
f:id:yamakyou:20160130145229j:image

趣味は大事

 昨日は町内の福祉施設で行われている手芸教室にお邪魔しました。
 皆さんがテーブルを囲み、肩を寄せ合いながら手芸に夢中になっておられる様子はなんとも微笑ましかったです。
 いくつになっても元気で。
 そのためには、趣味を持ち好きなことに打ち込む、友達と集い語らい合う、そうしたことがとても大事なこととあらためて思いました。
f:id:yamakyou:20160129065933j:image
f:id:yamakyou:20160129065948j:image
f:id:yamakyou:20160129070001j:image
f:id:yamakyou:20160129070031j:image

朝の交流

 朝の辻立ちをしていると、よく通りすがりにクラクションをちょっと鳴らしてもらったり、寒い中ウインドウを開けて手を振ってもらったりします。
 言葉を交わすほどの距離も時間もないけれど、ちょっとした音や仕草でも暖かい気持ちが伝わってホッとさせてもらっています。
 朝の辻立ちはカイロいらず...
 今日も一日ホットにいきます!
f:id:yamakyou:20160128081637j:image
f:id:yamakyou:20160128081635j:image

江北町の未来を語ろう会!

 昨年末の出馬表明以降、自分の思いや考えを知ってもらうために、町内一円を歩きまわり、そしてまた、各種の会合などにも顔を出し活動を続けてきました。
 しかし、それでもやはり、会えない人がたくさんおられるのも事実。一方で、もどかしさも感じながらの活動でもありました。
 今回、そんな中、町内で「公開討論会」開催の動きが。
 実際、これまで町民の皆さんからも開催を望む声を多く聞き、また、自分もそうした場があれば是非参加したいと思っていました。
 どうしても、片方が主催する会合の場合、参加を気兼ねされる傾向があります。
 そうした気兼ねなく、双方の思いや考えを聞き比べて見比べる。そんな場は今の地方政治では標準装備の機能と思います。 
 急なお声がけでしたが、後援会にも相談し、予定していた日程は変更してもらい「江北町の未来を語ろう会」に参加したいと思います。
f:id:yamakyou:20160126135127j:image
f:id:yamakyou:20160126135052j:image
f:id:yamakyou:20160126135454j:image

 
 

雪ニモマケズ

 今朝も週末からの降り続く雪で、一面銀世界の江北町
 学校も休校になりました。
 ただ、我が社は通常営業。
 朝から上区の老人会にお邪魔して、雪にも負けず集まった元気なお父さん、お母さんたちと江北町まちづくりについて意見交換できました。
 雪のおかげか、周辺でもいつもと違う人と出会う機会もあり、いい一日のスタートを切ることができました。
f:id:yamakyou:20160125130952j:image
f:id:yamakyou:20160125130532j:image
f:id:yamakyou:20160125130545j:image
f:id:yamakyou:20160125130558j:image
f:id:yamakyou:20160125130633j:image
f:id:yamakyou:20160125130754j:image
f:id:yamakyou:20160125130820j:image
f:id:yamakyou:20160125130838j:image
f:id:yamakyou:20160125130850j:image
f:id:yamakyou:20160125130927j:image
f:id:yamakyou:20160125130945j:image
f:id:yamakyou:20160125192825j:image
(一緒に写ってくれた子どもさんについては、御本人及び保護者の方に掲載の許諾を受けています。)




感謝感激!


 今朝、家の中から雪を見ながらブログをアップ。
 たまには雪もいいものと感傷に浸って書いたものの、外に出て反省。
 何じゃこりゃ。
 だんじゃない。
 雪、雪、雪。
 風、風、風。
 実は、今日は大事な「出前談義」の第5回目。
 こんな吹雪の中でお客さんは来てくれるだろうかと不安一杯で会場へ。

 ところがです。
 あちらこちらから、吹雪でかすむ中を雪をかき分け会場に足を運んでくれる姿を発見。
 会場に着くとそこには、
 人、人、人。
 しかも皆さん、
 笑顔、笑顔、笑顔。
 本当に感激しました。
 山田きょうすけの意気込みを聞いてやろう、山田きょうすけと話しでもしてやろうと参加してくれた皆さんに心から感謝です。
 おかげで外の寒さとは真反対。
 今日もまた、熱気あふれる出前談義になりました。 
 その後は、出前談義の熱気で勢いをつけて、一気に花祭地区へ。
 ここでもまた、皆さんといろんな夢について話し合いができました。

 やはり双方向。
 どんな質問や意見が飛び出すか緊張感は持ちつつも、関心は同じみんなの江北町の「今と未来」のこと。
 そんな町の今と未来について、ざっくばらんに話せる場こそ、まちづくりの基本とあらためて実感しました。
 一方通行の「ノック」じゃなくて
 双方向の「キャッチボール」で。
 これからも出前談義、
 やまきょう、やります!
f:id:yamakyou:20160125191720j:image

f:id:yamakyou:20160124144756j:imagef:id:yamakyou:20160124144827j:image
f:id:yamakyou:20160124144909j:image
f:id:yamakyou:20160124144917j:image
f:id:yamakyou:20160124144928j:image
f:id:yamakyou:20160124144939j:image
f:id:yamakyou:20160124145035j:image
f:id:yamakyou:20160124145008j:image


 
 

雪降る朝に

 今日は江北町も、一面雪で真っ白。
 雪もまだ降り続いています。
 ところで、
 降り積もる雪を見ていると、
 不思議な感覚ですが、
 寒さと同時に暖かさもなぜか感じます。
 これまでの人生の体験や記憶の中で、
 厳しい寒さとそれを凌いだ暖かさが一緒になっているのか。
 いずれにしても、寒いから暖かさが分かる。
 そういうことだと思います。
 f:id:yamakyou:20160124084002j:image

出前談義、始めました!

 毎日町内を周っていると、いろんな方から、いろんな声をもらいます。
 ただ、どうしても立ち話だったり、短時間だったりして、十分な話ができないのが残念。
 そこで、きちんと時間を取って、皆さんの声を聞かせてもらう、自分の考えを聞いてもらう場があったらいいと思って「出前談義」を始めました。
 今日で4回目。
 一方通行ではなく、双方向の「出前談義」。
 いつもいろんな意見が出て、盛り上がります。
 これがまちづくりの原点かも。
 「出前談義」これからもずっと続けます。

f:id:yamakyou:20160123124005j:image
 f:id:yamakyou:20160123124039j:image
f:id:yamakyou:20160123124054j:image
f:id:yamakyou:20160123124124j:image

KとK

 今回活動を始めた中で友達になった、けいぞう君。
 江北町でオートショップを開いて頑張ってます。
 年末もギリギリまで仕事に追われる中、カーエアコンが止まったと飛び込みで来た主婦のお客様さんにも笑顔で対応してたナイスガイ。
 年齢も背景も(風貌も?)全く違うけど、何故かすぐに意気投合。
 合言葉は「楽しかことばしよう!」
 KとK
 けいぞう&きょうすけ
 楽しかこと、やります!
 乞う御期待!

f:id:yamakyou:20160122123918j:image

 

荒ぶ荒ぶ、歩く歩く

 一日の大半を屋外で活動する生活に変わって、いいこともたくさんありますが、大変なこともあります(涙)
 今日は昨夜の雪からの吹雪。
 雪吹きすさぶ中での活動になりました。
 風は冷たいし寒いやら耳が痛いやら。
 だからと荒天順延なんて自分にはありません。
 いろんな方に支えられてることにも感謝しつつ。
 吹雪の後には何があるだろうか。

f:id:yamakyou:20160119160448j:image

over the rainbow

 一日の大半を屋外で活動する生活に変わって、大変なこともありますが、いいこともたくさんあります。
 今日は朝から虹を見ました。
 over the rainbow
 虹の彼方には何があるだろうか。
f:id:yamakyou:20160118105812j:image